バックナンバー

工業の有益情報

補償導線に関して

外装などの工業エクステリア

補償導線と熱電対について

補償導線とは、熱電対と温度計測器をつなぐ導線のことです。熱電対によって発生した起電力を計測器に伝える役目を果たします。熱電対とは違う種類の金属線を接合したもので、接合点に温度が加えられた場合、ゼーベック効果によって起電力を発生するというものです。これにより、温度変化が起電力の変化として表れ、温度を計測することができます。また、補償導線は使用する熱電対と同等の熱起電力特性を持った金属を用いる必要があります。

↑PAGE TOP